FC2ブログ
IMG_55220.jpg

初めての木登りタワーとねこのきもち

Category : いろいろ
IMG_3752.jpg
7月に撮った写真です

IMG_4513.jpg
暑くて人間もネコも大変な7月でした

IMG_4829.jpg
お外に出たがっても

IMG_4842.jpg
すぐに家の中に入れないといけない温度が続きました

IMG_6583.jpg
退屈しているネコたちに
初めての木登りタワーを買いました

IMG_6586_20180809002240433.jpg
きっつは台座が気に入ったようです

IMG_6714.jpg
ナナをカシャぶんで誘います

IMG_6715.jpg
狙いを定めて

IMG_6718.jpg
ジャンプ!

IMG_6723.jpg
さすがはネコ!
木登りは教えなくても出来るんですね!

IMG_6725.jpg
ハンモックまであと少し!

IMG_7144.jpg
やったね!
DSC_0529.jpg
大満足のお顔です

IMG_7152.jpg
爪とぎをするきっつです
今日はまだ木登りしませんでした

IMG_7129.jpg
同じく爪とぎをするミーちゃんです

IMG_6496_20180809002237e18.jpg
この日に木登りしたのは今のところナナだけでした
ほかのネコたちはねこのきもちの付録のほうが気に入ったみたいです・・・

1-3.png
(画像はcat-pressさんからお借りしました)
ねこのきもちPLUSというサービスが始まったので
その付録を購入しようかどうか悩み中です
スポンサーサイト

チビ

Category : いろいろ
関東はほとんど大雨の被害はないのですが
西日本の豪雨のニュースを毎日見ています
とてつもない被害が出ているのに
こちらでは情報がすくなく思います
連日もどかしさを感じています
被災地にお住まいの方々が
安全な生活を確保できますよう祈っています

2017.jpg
2017年のチビの眼

2016.jpg
2016年のチビの眼

2015.jpg
2015年のチビの眼

2014.jpg
2014年のチビの眼

眼の光彩にシミのような色がでるのは
獣医さんいわく、年をとると出てくることもあるのだそうです

IMG_4167.jpg
2つの黒いほくろのようなものは
おそらく、猫に噛まれた時の犬歯の痕であろう、との診断でした

チビは元々お外で暮らしていましたが
うちのコになってからも自由に外で遊んでいました

ブログを始める前ですがこの位置あたりにけがをして帰ってきて
傷が化膿してなかなか直らず包帯ぐるぐるだったことがあります
先生はそれを覚えていました

触っても立体的でなく、皮膚の下に何も出来ている様子がないので
心配いらないと言ってもらえました

キイちゃんのことで、癌への恐れがずっと残っていました
いかに子分が無力であるか思い知らされた日々
考えると胸が苦しくなります

今回は大きな病気ではないようなので
一気に肩の力が抜けました
お騒がせしてしまい、申し訳ありません

でもこういうこともある、と記録を残しておくと
役にたつこともあるかもしれません

もし同じような症状があるネコちゃんがいたら
念のためすぐに診て貰ってくださいね

チビ病院へ行く

Category : いろいろ
IMG_4137.jpg
チビは今朝、病院に行きました

IMG_4150.jpg
久しぶりでびっくりしています

IMG_4165.jpg
診てもらったのは
眼の中、下のほうにシミのような色が付いている部分と


IMG_4167.jpg
耳の下、ホクロのような黒い点が2つみつかった部分です
昨晩、眼の色に気が付いてからホクロのようなものも見つけました
猫の眼、猫の皮膚の黒いできもの、検索すると不安に襲われました
まさかメラノーマ、癌だったら…
どうしよう、どうしよう…嫌だ
いいや、悩んでもどうにもならない
わかるなら早い方が良い、そう思って朝一で病院へ行きました

結論から先に言うと、癌ではないだろうとの診断でした!
また後で続きを書きます!

針仕事

Category : いろいろ
IMG_2554.jpg
三角ネコハウスを作りました

IMG_2641.jpg
暴れん坊のネコさんでも

IMG_2650.jpg
大丈夫です

IMG_2596_20180619002518853.jpg
久しぶりの針仕事

IMG_2561.jpg
手作りすると心が落ち着きます

サイレントニャー

Category : いろいろ
IMG_6867  キイちゃん
初めてキイちゃんを保護して家に入れたのは
2017年の1月23日でした
保護したときの話はこちらにちらっと書きました↓
http://nekonokobun.blog.fc2.com/blog-entry-776.html

IMG_6868 キイちゃん
夜に保護したので一晩家の中のケージにお泊まりして
次の日に病院に行ったのです

IMG_6869  キイちゃん
とっても太ってきたので妊娠しているのでは?と
ご近所で噂になっていたのです

IMG_6875  キイちゃん
しかし獣医さんに見て貰うと妊娠していない、
しかも避妊手術済みだとわかりました

IMG_6876 キイちゃん
しかし耳は切れていなかったので
飼い主さんがいるかもしれないと言われ
ノミダニの処置だけお願いしてすぐにお外に放してあげました


IMG_6885  キイちゃん
2,3年前から近所で見かけるようになったキイちゃん
昔は飼い猫だったのかもしれません

IMG_6887  キイちゃん
このとき顎が少し出ている気がします、と先生に伺ったのですが
お年寄りで歯が抜けているせいかな?と会話をしたのを覚えています
すでに骨肉腫であったのかもしれません

IMG_0434.jpg
夏に保護したときはまったくの別ネコのように痩せていました
ひどく汚れていてドロドロな状態、
そして顎が大きくなっていました
病院では、もうだめかもしれないと言われましたが
二週間ほど入院をして回復してくれました

IMG_0945 -服を脱いでしまったキイちゃん
うちにきてからは顎と体が不衛生にならないように
幼稚園のスモックのような服を着せたりしましたが
すぐに脱ぎ脱ぎしていました
いやなのを無理に着せたくなかったので
たくさん作りましたがこれはやめることにしました

IMG_1519 キイちゃん
このころは病気なのか疑うくらい食欲があり
とにかく元気でたくさん食べてくれました
下の犬歯がぐらぐらしていてこの頃抜歯しましたが
それでも食欲は全く落ちませんでした

IMG_2070 -病院に行くキイちゃん
病院に行くときもなれたもので
年の功なのでしょうか、落ち着きがありました

IMG_2750 -私の指を触るキイちゃん
おもちゃに興味はまったくなく寝てばかりでしたが
子分のことはお世話係と認識してくれたようで
ケージから出たときはすり寄ってくれたり
話しかけると返事をしてくれたりしました
この家でも世話になってもいいニャ、とでも言ってくれているようで
うちのネコになろうとしてくれている、と感じました

IMG_3160 - キイちゃん
皮膚や毛並みがどんどん直ってきて
顎以外は普通のネコさんと変わらないくらいきれいになりました

IMG_3731 -キイちゃん
顎はあまり写らないように撮っていましたが
実際にはほかの骨肉腫のネコさんと同じです
子分は癌のネコさんをお世話したことがなかったので
癌や骨肉腫で闘病されているネコさんたちのブログをたくさん拝見しました

IMG_4432_ キイちゃんとコチャ
そのおかげである程度心の準備が出来ていました
ですが、やはり初めて自壊したときはパニックになり
慌てて病院に行きました
しかし、やれば出来るもので、顎と口の中をきれいにすることも
毎日、普通に出来るようになりました

IMG_4849__20171025-135441 -キイちゃん
一日に何回もお顔を拭かれるのはつらかったと思います
特に口の中をお掃除するのは嫌がるので子分もつらかったです
口の中の歯がないところに食べ物が詰まるので
食事の後はなからず口の中もお掃除するよう病院で指導されていました
キイちゃん、ごめんね、すぐ終わるからね、
といつも話しかけていました

IMG_9925 - キイちゃん (6)
何にもない部屋でもキイちゃんは楽しみを見つけます
普段はケージの中で寝ていますが
体を拭いた後、よく人間のベッドにのっていました
よだれが出ているので毎日自由に乗せてあげられませんでした
キイちゃんも乗りたかったのでしょう
一緒におねんねしてあげられなかったことを悔やんでいます

IMG_9925 - キイちゃん (10)
これは今年の一月の写真です
ほとんど昔のキイちゃんの姿に見えます

IMG_9925 - キイちゃん (11)
もっと早く保護してあげていれば、
何度も思いました

IMG_0883  キイちゃん
日がたつにつれて顎の状態はひどくなってきました
よだれもたくさん出てしまうので
病院に行くときはよだれかけをして行きました
何個かスタイの試作を作ってみましたが
くるくる回ってしまうので日常的にするのには
あまり向かないな、と気づきやめました

IMG_4423 キイちゃん
自壊はどんどん広がっていきました
皮膚の保護のためベストを着せるようになりました
キイちゃんは何も着たくなかっただろうし
何も着せたくなかったのですが苦肉の策でした

IMG_4650  キイちゃん
抗がん剤で癌が治るわけではない、
わかっているのです
あれほど食欲のあったキイちゃん
何でも喜んで食べてくれていたのに
ごはんを残すようになりました

IMG_6538 - キイちゃん
最後の血液検査をしたとき、フードを変えましょうと言われ
別のフードをいただいて与えたところよく食べました
しかし、これも毎日は続かず、だんだん食べる量が減っていきました

IMG_9055 - ごはんを食べるキイちゃん
5月になるとどんどん痩せていきました
病院のフードではなく
とにかく食べてくれそうなものを毎日出しました
大好きなマグロだけ頑張って自力でかじって食べてくれました

IMG_9108.jpg
大好きだったちゅーるもほしがらなくなりました
マグロは自力で食べましたが
少し食べてもういらない、という顔をしていました

IMG_9117.jpg
縁側で風にあたらせると
上半身を起こしてお庭を眺めていました

IMG_9131.jpg
日が出ている時は網戸から風が感じられるところで
お昼寝しました

IMG_9257.jpg
昔作った猫ちぐらです
キイちゃんは気に入ってくれたでしょうか

IMG_9261_20180601204423d1b.jpg
お水も自分で飲めなくなり子分が飲ませましたが
つらそうで子分は泣きました

IMG_9280.jpg
猫ちぐらに入ったまま
風にあたりました

IMG_9327 キイちゃん
その日の夜、キイちゃんは私の呼びかけに
声を出さない鳴き声で返事をしました
サイレントニャー、です
本猫は声を出して返事をしてくれているつもりだったのでしょう
そして前足で静かにトントン、とやりました
キイちゃん、と話しかけると
またサイレントニャーと前足トントンでお返事してくれました

IMG_9331 キイちゃん
力はもうほとんどないはずなのに
自力で子分の足に乗ってきました

IMG_9336.jpg
猫ちぐらで眠るキイちゃん
穏やかに呼吸をしているのを確かめました
これが生きているキイちゃんをみた最後でした

IMG_9365 - キイちゃん
息をしていないキイちゃんをみたとき、
キイちゃん、キイちゃん、
話しかけましたが、もうサイレントニャーも
前足トントンも
お返事がありませんでした
キイちゃんは天国へ行ったのです
苦しい病と闘い、やっと自由になれたのだと思います
キイちゃんはもう痛い思いをすることはありません
キイちゃんの心は
行きたいところへ自由に行けるのです
どうかいつまでもキイちゃんの心が穏やかでありますように
 

プロフィール

ネコの子分

 Author:ネコの子分

youtube

どなたか見てやってください

お買い物

     

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入り